2009年02月14日

治験を考える

治験について書いてみようと思います。
治験ってあまり聞かない言葉ですよね?
でも大切なことなんですよ。

皆さんが普段口にする薬。その薬を作る上で重要な役割を果たしています。
それらの薬は、開発に10年ぐらいかかります。もっとかかる場合もあります。
それらの有効成分を調べたり、安全性などを確かめるためにこの治験はあるんです。
だって危険なものを服用するわけにはいきませんからね。
そのため最終的には人に服用してその効果や安全性を確かめるわけです。
もちろんそれまでに徹底的に安全性については調べているのですが。

でも人でテストをするときは、やはり誰でもいいというわけではないですよね。
キチンを審査をして試すわけですから。
大切な治験。もっと情報が入手できるといいですね。
ラベル:治験
posted by 医道 at 18:23| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。